CMSとは

2010年06月30日

大西 正雄さん(59) 栽培を始めて25年。四季折々のフレッシュハーブを育て、年間200種類以上を出荷しています

      ついこの間まで知りませんでした。

     名だたるシェフが大西さんのハーブを求めて

     青森のハーブ園を訪れていることをるんるん

     ここは私の求めるハーブ栽培のすべてぴかぴか(新しい)があります。

     今年はこちらに訪れてハーブやハーブを使った料理を

     頂きたいと思いますよぴかぴか(新しい)

大西 正雄さん(59)
栽培を始めて25年。四季折々のフレッシュハーブを育て、年間200種類以上を出荷しています。独自の手法で手間暇かけて育てたハーブは風味や香りが際立ち、全国各地の料理人たちを魅了しています。

ハーブ・バイブル

ハーブ・バイブル

価格:2,100円(税込、送料別)




食材のポイントその1
ハーブと虫との相性を巧みに利用
大西さんは農薬を一切使わずにハーブを育てています。そのため、アブラムシなどの害虫対策が欠かせません。農園では、虫が嫌う香りを発するミントなどのハーブを計画的に植えています。ハーブの持つ力を巧みに利用して、上質なハーブを作り出しています。

その2
地元の風土を活かした土作り
大西さんが最もこだわっているのは土作りです。水はけの良い川砂、ミネラル豊富な火山灰、保湿性の高い黒土などを、ハーブごとに混ぜる割合を変えて使っています。目指しているのは、原産地に自生するハーブの味や香りです。六戸町の風土を生かして、その土地に合う栽培方法で、良質の風味を再現します。

その3
料理人との交流が品質と価値を高める
大西さんの農園には全国各地から料理人が訪れます。新しい食材を探そうとやって来る料理人に対して、大西さんは日本でなじみの薄いハーブを積極的に紹介します。料理人からの提案が新たなハーブ作りのヒントになることもあります。交流を通してハーブの価値が高まり、多くのハーブが日本の食文化に根付くことを願っています。



posted by メロンパン at 19:04| 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

フイルム野菜栽培「昼おび」で紹介

フイルム野菜栽培「昼おび」で紹介されましたね

会社はメビオール株式会
▼野菜栽培キットすぐ始められる完璧セット


早稲田大学発のベンチャー企業が母体のようです。

このシステムをだそうで

特殊フィルムの名前は、ハイドロメンブレンと言うそうです。

トライアルキットは一時販売中止のようです。
⇒天災に強い家庭菜園キット野菜栽培
posted by メロンパン at 22:25| 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品いろいろ情報館 Plus

◆お探しの商品名・キーワードを入れて、検索ボタンを押して下さい。 長いキーワードはスペースで区切ると商品が検索されやすいですよ(・∀・)b (例:送料無料 ギフト)




◆素敵な旅が見つかります。目的地やホテル名を入れて検索ボタンを押して下さい。

楽天ウェブサービスセンター

このページの情報は Amazonウェブサービス・電脳卸ウェブサービスによって

提供されています。

SEO対策済テンプレート
INFOPLATE3テンプレート